道具で違いが分かるんです。

ホームページを作るまでは、お恥ずかしながらカナ入力でした^^;

必要に迫られてローマ字入力にシフトチェンジしたこの2週間。「リフォーム」の壁にぶち当たったのを皮切りに「にゃにゅにょ」につまずき「ちっちゃいっ」にバカにされ、知恵熱でそうでした。

でも、少しなれてくると、なんだかコッチノ方が早い?

そんなレベルの「IT職人」泉内装の親方です。

泉内装のホームページのトップ画像を見て「これ何?」と聞かれますが

hake

刷毛です^^;

写真は京型ナイロンの8寸ですが、他にも羊毛や山羊毛や豚毛や猫毛…、あ、猫は無いですね。

ふつうクロス屋さんは硬~い馬毛ばかりで、こういう刷毛を知らない人もいます。たまに持っている人がいても「もったいないから約物の時(特別な材料)しか使わないよ。」なんて言うんですが…、それがもったいな~い!

実は自分も馬職人でした^^; 馬しか知らなかった。

でも、数年前に今の師匠に出会ってヒツジを薦めていただいたんです。その時の感動は今も忘れません。

「やわらか~!撫で付けかる~い!なんだか粋でかっちょい~!」

十年一日、完全に打ち止まりで伸び悩んでいた自分の「やるきスイッチ」がオンになり、仕事への情熱に再び火がつきましたよ!仕事が楽しくて、クロスを貼る事がこんなに楽しく思えるなんて、駆け出しの若造の頃以来でした。

さらにヒツジ効果はそれだけではありませんでした。しばらくしてヒツジに使い慣れてくると、なんと、ヒツジさんが耳元で囁きかけてくるようになったのです!

「なんか違う、いつもと違う、この糊は変だ、この糊はチカラがない、」

最初はかすかな囁きで首をかしげてましたが、今ではだいぶはっきりと聞き取れるようになってきました。

「この品番のクロスは変わったね、もう夏だからね。今日の糊は絶好調だね。かと思ったら貼り頃を過ぎちゃったよ、窓しめてよ。」

馬は寡黙で何もしゃべりませんが、ヒツジはとてもおしゃべりなんです。ちなみに梅雨時の湿気の多い今時分は最近買ったナイロン毛が軽くて絶好調です。

弟子のヒロさんは逆に馬を知らないんですが、たまに一緒になるクロス屋さんの馬を触らせてもらって、「うわ~、むり!わたしこれじゃ貼れない!」なんて生意気言ったりします^^;

泉内装にとって羊たちは、今となっては片時も手放せない大事な「センサー」の役割を果たしてくれています。季節によって、また材料によって糊の力を最大限にひきだす、馬を使い続けていたら一生手に入れられない感性なんです。

多くのクロス屋さんが「糊なんてたいして変わんねーよ。くっつきゃいいんじゃねー。」となるのは馬しか知らないからなんです。

ちなみに、師匠は東京の刷毛屋さんでブレンド毛を特注ですよ、一本数万円! 粋です。

うちのは3000円~5000円のお手頃価格^^;

でも馬職人は「たっかーい!」といいます。わたしにとっては費用対効果,コストぱふおーまんす(←まだ入力出来ない^^;)こんなに安い買い物はないんですけど^^;

思い込みを捨てて時には大胆にシフトチェンジしてみると今まで見えなかった世界が見えてくる!

かもよ、っていうお話でした。

 

プロなんだから…、

家族でカラオケに行ってきました。

で、

へたくそな歌を聴きながらついつい気になって…、

IMG_0133

自然にこういうめくれ方はないと思うので、

ちょこっとめくれていたのを、へたくそな歌を聴かされて退屈したお客さんがぴろっと引っぱってめくったんだと思われます。

で、

この場合のちょこっとめくれていた原因ですが、

めくれた所をよくよく触ってみると、下地の石膏ボードの縦目地があって、その上のパテが割れているんですね。目地の真上でクロスをジョイントするのは論外なんですが、

で、

このパテが割れた原因ですが、二つあります。

1.大工さんのボードの止め方が悪くてボードが動いた。

ハイパワーのインパクトドライバーで力任せにビスを締めると、石膏ボードの表面の原紙を突き破って石膏まで崩してしまうとボードの固定強度が著しく低下します。また、ビスをうつピッチ(間隔)が広すぎて強度に不安があったという事も考えられます。いずれにしてもこういう大工さんのダメ仕事は日常的にあるあるなんです。皆さんおうちを購入する際には工事中の現場をよくよくチェックしてください。

2.クロス屋さんのパテが安物で強度不足だった。

上記の様な大工さんのダメ施工に対応するには二通りの方法があります。

A.大工さんに直してもらう。これが最善の道なんですが…、

「てやんでいバーロー!オレの仕事にケチつけやがんのかぁ!」という反応がほとんどなので(-_-;)

B.高い強度のあるパテを使う!さらにボンドを混ぜて強度を補填する!さらに、最初からボードがバカバカ暴れている事がわかっていれば、ファイバーテープなどを入れてさらに強度に保険をかける!

写真のようなダメを指摘されるとクロス屋さんはこう言います。

「下地が動いたんじゃしょうがないね。」

でも、

プロだったら言い訳するまえにやれる事がこれだけあるわけです。

で、

今回の事で自分が何を思ったかというと…、

「プロなんだから…、どんな時でも糊くらい持ってなきゃいけないなぁ。」

糊くらいあれば、ちゃちゃっと直して(あくまで応急処置ですが)あげたのに…。

お部屋の壁紙を張り替えませんか?

相模原市北里で夫婦で壁紙を専門に施工する職人をしている泉内装です。

皆さんがクロスの貼り替えを依頼される場合さまざまな選択肢があると思います。

ハウスメーカー、工務店、リフォーム業者、不動産屋さん、最近ではホームセンターなんかでも依頼できますね。

でも最終的には我々職人に依頼が降りてきます。当然ですが、彼らは社員として職人を雇っているわけではないからです。

たとえば、

ハウスメーカー → 工務店 → リフォーム業者 → 職人

だいたいこんなパターンが多いです。

が、

この → にいちいちマージン(手数料)がのっかるわけです。

なかには正当なマージンというのもあります。材料の手配、現場の下見、職人の手配、お客さんが出来ない(あるいは煩瑣な)仕事に対価が生じるのは致し方ない事かもしれません。

が、

なかには電話一本で右から左に丸投げするだけで法外なマージンをとるブローカーも少なくありません。そのせいでお客さんは高いお金を払い、職人は安く使われて仕事に必要な手間がかけられないわけです。

で、

お客さん → 職人

これでどうでしょう?

材料の手配や現場の下見は職人でも出来ます。むしろ知識と経験の豊富な職人だからこそ確かな貼り替えプランが提案できます。

泉内装はクロス職人ですから木工事や水回りの設備の改修などのリフォームは出来ません(ご紹介はさせていただきます)が、壁紙の張り替えだけでしたら余計なマージンは0円。確かな技術でお部屋の模様替えをお手伝いします。

 

休みの日

20140623-140023.jpg

大工さんが終わらないらしく…
現場に入れず…
今日は休み…

新築だと、よくある事で…(-。-;

ポツンと空いた日は、ダラダラ過ごしてしまう(≧∇≦)

写真は去年のカラーが今年も綺麗に咲いてくれた✨