壁紙施工講習会

秋ですね~。

秋 空

なんて思ってたら、冬ですね。

駒ヶ根

駒ヶ根まで家族でバイク旅行、

で、温泉でご飯食べて帰ってきました。寒かった(-_-;)

メタル

息子に連れられて、幕張のメタルフェス。

前列15mでもみくちゃにされて、命の危険を感じて3曲で離脱(@_@)

気が付くと、なんらかのエネルギーが作用して、腰痛が完治!!

不思議なチカラがメタルにはありました。

で、

よく遊んだあとはお勉強。

糊メーカーの矢沢化学工業主催の壁紙施工講習会を受講しに、

栃木県足利市まで行ってきました。

去年もやりましたから、二回目ですね。

内容は、工具メーカー、材料メーカー各社との情報交換、意見交換。

広島歴清社さんの、金銀箔押し壁紙の施工。

金銀

ビニクロに比べたらめん玉飛び出るくらい高級壁紙です。

ペラペラで薄いので、下地を拾わないように、茶紙を二重に袋掛けして貼ります。

先生と私

糊つけをする親方と矢沢講師の三上先生。

ひろメグ13

弟子のヒロさんも貼らせてもらって、上手な人から指導してもらいました。

そして、今回の一番の収穫は、

まだまだ上には上がいる、これからも謙虚に学ばねば、と再認識できたことと、

相模原からやってきた二人の熱心な若者と出会えたことです。

最近やっと“父性”が目覚めたようで、純粋熱心な若者をみると、

「かわいいやつらだな~」

なんて思います。

カード

で、受講証明カードをもらいました。

3枚集めると『伝説の糊』がもらえるとか…^^;

さて、今年もあとひと月、皆さんお風邪など召しませぬように、

ラストスパート頑張りましょう(^.^)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ
にほんブログ村

 

猫ドアリフォーム

我が家のネコ、しま坊は「家猫」で外の世界を知りません。

ieneko01

自由気ままが本性の猫を、飼い主の都合で閉じ込めるのはかわいそうだ。

という向きもあるかと思います。

ieneko窓をあけると外を眺めて黄昏るしま坊。

ですが、

ある本によれば「ノラ猫」の平均寿命は、交通事故、病気、細菌感染などのリスクにより、

なんと5年!

なんてゆうショッキングな報告もありますから。

しま坊は18歳で、今日もご飯をたんと食べて、階段を駆け上がってます。

そして、家の中ではなるべく自由に生きられるように、壁紙研究室以外は出入り自由にしています。

猫は器用な生き物ですから、室内の開き戸でも引き戸でも、簡単に開けられるんですね。

でも、締めてくれない(-_-;)

夏と冬は冷暖房かけてますから、「あけたらしめろー!」となります。

で、

猫ドアりふぉーむ!

開き戸は「カチャ」っていう部品

door

これをプラスドライバーではずしちゃいます。

dougu

使うのはこいつら。釣り糸とヒートン金具。

どちらも100金で売ってます。

ドアの角に釣り糸を固定してドア枠に固定したヒートンに通して、さきっぽに適当なおもりをつけます。

あら簡単!

こんな感じ。

引き戸は少し重たいので、ペットボトルに水を入れておもりにします。

簡単ですから、猫がいるお宅は是非やってみてください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ
にほんブログ村