こだわりの責任施工?

このエントリーをはてなブックマークに追加

泉内装の施工はここが違います

長持ちさせる施工
 壁紙を貼る糊や下地処理に使うパテには値段の差があり、当然性能にも差があります。安い糊は塩分濃度が高く変色のリスクが大きいといわれています。数年経た壁紙が部分的に茶色く変色するのは、安い糊を職人が拭き残した所為です。そして安い糊パテは一年を通しての室内の温度と湿度の変化に対応しきれず、糊は表面の被膜が壊れ、パテは粉吹き状態になり壁面との接着が崩壊します。結果パテ上のジョイントが剥がれたり、壁紙がひび割れたり等、様々な不具合が発生してお部屋の美観を損ねることになります。さらに安い糊パテ施工による壁紙の全面接着の崩壊が、貼り替え時の大きな障害にもなります。貼り替え直後に壁紙が部分的にブクブクと膨れるのはこの為です。言い訳職人はこう言います。「貼り替える度に下地の状態は悪くなるから仕方がない。」「貼り替えなんだから下地のでない厚手の材料を選んでくれ。」泉内装は違います。糊とパテは壁紙施工の生命線です。糊は変色の少ないボンド入りの高級糊を使用します。大きな澱粉の粒子の隙間を小さなボンドの粒子が埋めて糊の被膜を適度な潤いと共に長持ちさせるといわれています。パテは強度と接着を重視して厳選した経年劣化に強いパテを使用します。泉内装の施工では貼り替える度に完全接着した壁紙の裏紙の層の厚みが出て柔らかい風合いが増していきます。泉内装のお見積りは、職人直の値段を比べれば他所の職人より少し高いかもしれません。でも、2年3年で崩壊する仕上がりと比べてみてください。「お客様が汚さなければ施工直後の状態が10年持つ」それが泉内装の目指す施工です。                                                             
役物、機能性壁紙の施工には実績があります。
 織物(布)、珪藻土、洋紙、和紙、不燃材、ペット共生、汚れ防止…etc。量産品クロスと同じ一律施工ではおさまりません。糊を選定して適切な下地処理をして、オープンタイムを計り、室温湿度を計り、糊の塗布量を決めて…etc。役物施工では材料ごとに正しいセオリーと経験がなければまともにおさめることが出来ません。泉内装は役物、機能性壁紙の施工には自信があります。                               
在宅貼り替えのスペシャリストです。
 泉内装は夫婦職人、二人で一つのチームです。家具の移動、お部屋や家具の養生等、一匹狼職人と比べて手際よく作業を進めて工期を短縮でき、お客様のご負担を最小限に抑えます。                                             
身だしなみに気を配っています。
 職人=ガラが悪い? 泉内装は違います。服装、言葉使いはもとより、脚立、バケツ、施工道具等、お客様のお宅に持ち込むものは綺麗にしています。道具を大切にするのは職人の基本です。あってはならない事ですが、工事中にお客様の高価な財産を破損してしまった場合の賠償保険に加入しています。泉内装は在宅貼り替えを知り尽くしたスペシャリストです。